PEDIATRIC

小児歯科・小児矯正について

 

<小児矯正について>
小児矯正のみ外来診療時間と異なります。
毎週水曜の16:00~19:00
第2・第4土曜日の10:00~14:00、16:00~19:00
小児矯正の無料相談も受け付けておりますのでご相談くださいませ。

 小児歯科・小児矯正医:片瀬 純

こんにちは、小児担当医の片瀬です。 

 小児歯科について


生涯の健康を考えた場合、小さなうちからお口が健康であることはとても大切なことです。
そのため当院では子どもたちの予防歯科に力を入れております。


以前、抜ける乳歯だから虫歯を治療しなくてもよいかと思っていたとご両親から言われました。
乳歯だから虫歯でも治療しなくて大丈夫というわけではありません。
乳歯にはとても大事な役目があります。
食べ物をかみ砕き、消化吸収を助け、永久歯が生える場所を確保し、永久歯を正しい位置へと導く役目があります。
そして、歯ぎしりをすることにより顎の成長や顔の形を整える役目もございます。

いずれは抜けてしまう乳歯ですが、とても大事な役割をしており、虫歯になってしまうと永久歯の質にも影響がでてしまいます。
当院ではお子様が虫歯で嫌な思いをしなくて済むように定期的なメンテナンス、虫歯予防指導を行っております。
そして一緒にご両親にも丁寧にご説明いたします。

治療に恐怖心がある子にはまず練習から、丁寧にこれからすることをお子様に説明し、時には治療器具に一緒に触れて、治療に対しての不安を少しでも取り除くことを心がけています。
決して無理強いすることはしません。
それぞれのお子様のペースに合わせて治療を進めてまいります。(頑張った子にはおもちゃをプレゼント!)

小児歯科を担当するDr2人はベテランで、当院でしか治療を受けたくないと言ってくれるお子様もいます。
定期的なメンテナンスを通していつまでも健康な歯が保てるように少しでも手助けできたらと考えております。

 

小児矯正について

 

お子様の歯並び・咬みあわせについて心配されているお父様、お母様へ。
乳歯から永久歯に生え変わる時期には、様々な変化が起こります。
インターネットで調べてもそれが正しいのか、様子をみてよいのか不安になることもあるかと思います。
当院では、まず両親のもっとも気になる部分をお聞きし、今お子様のお口の中で何が起きているのかを詳しくお話させて頂きます。

治療が必要な場合でも、診査を踏まえ明確な方針と料金を提示した上で治療を開始いたします。
ご相談は無料で承っております。(要予約)
なお小児矯正の診療日は現在水曜日、第2、第4土曜日に行っています。
お気軽にご相談くださいませ。

 

略歴

 

1968年 長野県生
1993年 東京歯科大学卒業
いしかわ矯正歯科(川﨑市)石川剛先生に師事
1994年 千葉市 小代歯科医院勤務
2000年 青山Germydent歯科(小児・矯正専門)勤務
2010年 小島歯科医院勤務
2012年 片瀬歯科矯正〔個人事業所〕設立

 

所属学会・校医など

 

東京歯科大学学会
日本顎咬合学会
日本小児歯科学科
歯列育形成研究会理事
天王院幼稚園委託医

FLOW

小児矯正の流れ

 

1427S-1.png

1 無料相談カウンセリング(30分~1時間)

お子様にとって初めての矯正治療。不安を抱えていらっしゃる事と思います。
まずは気になることや疑問点をお伺いすることから始めます。
口の中や顔の骨格を簡単に診察し、矯正治療の開始時期、方針流れをご説明します。

2 診査(1時間)

ベストな治療計画を立てるためレントゲン写真、歯型をとり、お顔やお口の中の写真をとります。
診査料として¥15000(消費税別)かかります。

3 診断結果・治療計画の説明(30分~1時間)

診査データをもとに治療方針や具体的な期間、費用、支払い方法などをご説明します。
診断諸費用として¥10000(消費税別)かかります。

4 治療開始

いよいよ矯正治療の開始です。
矯正装置を装着したあとは虫歯や歯周病を予防するためにクリーニングや歯磨き指導を行います。
正しい歯磨きをすることは矯正治療に入る前の大事なステップです。
通常は4~8週間に1度のペースで通院となる、矯正装置の調整や口腔内のクリーニングをおこないます。
治療費は状況によって異なります。(30~60万くらい分割可)

 

ご相談は無料で承ります。
お気軽にお電話くださいませ。

0466-47-4181

 

1427S-3.png
before
1427S-4.png
after

上の前歯が重なって生えてきた事が気になり、来院されました。
取り外しの装置を頑張って使って頂けたので、固定式装置(ワイヤー)は使わずに綺麗な歯並びになりました。
15歳になった今も、虫歯予防とお口の健康管理で通院して頂いております。

 

1427S-5.png
befor
1427S-6.png
after

乳歯の時から歯並びが重なってガタガタになっているのを、お母様が心配されていました。
取り外しの装置のみで現在も継続管理治療中ですが、小学生の時にはすでに綺麗になっています。

 

1427S-7.png
before
1427S-8.png
after

反対咬合を主訴に来院。下の前歯が上の前歯より前にある‘受け口`と呼ばれる状態です。
固定式装置を1年間使用し、その後は取り外しの装置を使って頂き、綺麗になりました。
反対咬合は身長の伸びも考慮しながら治療を行う必要があります。